老師通信

人間禅の老師による禅の境涯からの便りです。
人間禅のホームページにもお立ち寄りください。

人間禅のホームページはこちら 老師通信一覧はこちら

 

<< 人は何を遺すか | main | 懇親会の効用 >>
2019.07.22 Monday

(続)人は何を遺すか

JUGEMテーマ:

 

(続)人は何を遺すか

丸川春潭

 恩人のご逝去に際し、「人は何を遺すか?」を自分に当てはめて考えはじめ、人間形成の禅をもってひとづくりをして「人を遺す」ということになったのが前のブログです。

 この「人を遺す」ということに似たものは、職人が弟子を鍛え育てて後継者を残すのにも見られます。陶工の楽家の伝統もその一つでしょう。明珍の火箸を先年かっての同僚と姫路まで見学に行きました。ほとんど家内工業ですが技術の伝承が脈々と平安時代から900年間にわたって繋がっているのを目の当たりに見ました。ここではその伝統の火造技術を身に付けた人を遺し続けているのです。

 昨日、擇木禅フロンティアで新しい禅の講演を聴きました。講師は数奇な人生経験者であり話は面白いし凄い人であり、やられていることも立派なことをやられていると感銘を受けました。未だ70歳だし多くの現代人を救済しまた熱烈なフアンを持ち財もなされるであろうと思いました。

 しかし昨日拝聴した限りでは、自分と同じような後継者を遺すことはお考えにないように思いました。悩み迷っている多くの人を救済するという実績は遺されるでしょうが、向上心のある人物をそれぞれの個性に応じて年月かけて育成する人物づくりの視点はお持ちでないようです。あまりにも非凡な講師と同じような後継者は出て来にくいと云うこともあるでしょうが、あくまで自分一人の個人プレーで終わりになるでしょう。一人が一代でやられることとしては大きいでしょうが、次には繋がらないということです。

 人を遺すということは、遺した人がまた次の人を残すということによって永遠につづくその端緒を残したということであり、一代でなすことへの視点だけではなく、未来への視点を持ちつつ「今」をやっているところが、彼我の違いです。

 しかも我々の人間形成の禅の歴史を振り返るとこの道の端緒は2500年前のインドのお釈迦様が遺したものからであり、6世紀1500年前の菩提達摩が中国へ渡って来て中国にそれを伝え遺し、さらに13世紀大応国師が中国からその法を継承して日本に保ち帰って来て今日にまで到ったものです。したがってこう見てくると、先ほど端緒と書きましたが、現在はその歴史の先端部分と捉えるべきでしょう。

 ただこの人づくりのための伝承は、臨済禅の歴史の最初からあったわけではない。従来からの僧堂の禅は一個半個の「伝法のための伝法」が第一であり、その時その時代での広がりよりは将来への視点が強く、またその伝承は個でなされたものでした。しかし明治以降に誕生した在家禅は「布教のための禅」となり、そして更に71年前の人間禅の誕生により「布教のための伝法」が確立した。そこからは個ではなく集団(僧伽)で布教し、集団(僧伽)で法(嗣法者)を遺すことになったのです。

 昨日の講演者は一人で布教をやられていましたが、人間禅の場合は師家も布教師も輔教師も総勢200数十名が一斉に全国各地で今の布教をしています。また戦前までの禅界においての伝法は個から個でしたが、人間禅になってからは集団で個(嗣法者)を遺すという体制になりました。特に伝法を組織的に行うと云うことにより法の断絶という危険は減じ、未来への布教が盤石になったのです。すなわち禅による人間形成を社会に広げ、正しく楽しく仲の良い社会をつくる志とシステムを未来へ確実に遺すことが可能になったのです。

 人は何を遺すか?において、人を遺すと云うことの素晴らしさに気づき、またそこに個の名前ではなくみんなと一緒にその一端を担えることの痛快さをつくづく噛みしめることができた次第です。(おわり)

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode