老師通信

人間禅の老師による禅の境涯からの便りです。
人間禅のホームページにもお立ち寄りください。

人間禅のホームページはこちら 老師通信一覧はこちら

 

<< 信と禅(1) | main | 信と禅(その3) >>
2013.11.12 Tuesday

信と禅(その2)

JUGEMテーマ:

 

信と禅(その2)

丸川春潭

 お菓子の続きですが、実は小生は辛党で、甘いものは苦手です。しかしお抹茶の時にはお菓子がなければならないし、結構お菓子にはうるさい方かも知れません。多くは要らないのですが、美味しいその土地その土地の伝統的なお菓子は好きです。

 岡山県の東端の町に三石という耐火煉瓦原料を産する父の出の町があり、その三石と県境を隔てて昔から塩田で栄えた有名な赤穂の町があり、塩まんじゅうが有名です。甘みに少し塩気が入っている昔ながらの菓子です。

 

 いよいよ座禅における信について今日はお話しします。

 祖師禅(正脈を嗣法している師家の下で転迷開悟の見性を第一とする座禅およびその集まり)における信についてお話しします。

 修行の三大要訣として、大信根、大疑団、大勇猛心が昔からやかましく云われています。

 そして、大信根が最初に挙げられているのには仔細のあるところです。すなわち修行の最初にしっかりした信がなければ、人間形成の修行が進まないということです。

 一般社会での「信ずる」の意味は広辞苑で見ますと、「誠と思う。正しいとして疑わない。間違いないものとして頼りにする。」等と言う意味でありますが、宗教においての「信」「信ずる」は、これらの意味の上に更に少し違うニュアンスが加味されると考えます。

 すなわち、自力とか他力とか、一神教とか多神教とか、東洋文化とか西洋文化とかによらず、信というものには、「自分には認識することができないことを承認する」という意味がある。逆に言うと、自分がはっきりと認識することができる場合には、信ずるという言葉は相応しくないと考えます。

 したがって確信すると言う意味には信という文字が入っていますが、これは一般社会での使い方の「正しいとして疑わない」に使う言葉であり、宗教的なニュアンスは加味されていない使い方です。

 何故こういう細かなニュアンスを問題にしているかということには理由があり、それについて追々触れて行きます。

 

 元に戻って、大信根ですが、何に対する信かをはっきりさせておく必要があります。そしてこの大信根は座禅修行を始めた人、座禅修行を続けている人に必要な要訣であり、三つの意味があると昔から云われています。

 一つは、学人の自分は未だ悟りを掴んでいないけれども、お釈迦様はすごい悟りを開かれたのだということを信じることです。すなわち悟りというものがあるんだと云うことを信ずることで、これがしっかりと腹になければ命を賭けた骨折りの修行はできないのです。そしてこの信は見性入理だけのことではなく、見性悟道、見性了々底にも同様に云えることです。

 二つ目は、師家はお釈迦様の悟りを正しく嗣法しているんだと信ずることです。これも自分では判断し認識することができないことですが、先輩の云うこととかいろいろな資料・情報とかから推定して正脈を伝法している師家を信ずる必要があるのです。この信がなければ、自分が確信した見解を否定されたとき、素直に自分の持っている見解をすぱっと捨てきれない、そしていつまでもグジグジと自分の見解に拘るということになり、人間形成の修行が進みません。また自分が考えたこともないことを師家から指示されたとき、自分では納得できなくても、それには何か深い仔細があることと信じて素直に従う。これができないと云うことは、師家に対する信がないと云うことで、その僧伽に留まることは本来的にはできないことになります。

 三つ目は、自分もしっかり修行をすれば、お釈迦様の悟りを得ることができると信ずることです。悟りというものは悟ってみないことには全く判らないものですが、師家の指導の下に、道友の導き助言を頂いて、自分も先輩道友と同じように見性することができると信ずる。これを信ずることができるから、難関に直面しても必ず突破できるという確信を持って挑戦し続けることができるということになります。

 本日はここまで、また次回に。

 急に寒くなりましたが、お風邪を引かないようにご自愛ください。合掌 春潭

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode