社会人のための坐禅(座禅)道場【人間禅】

 

<< テレワークと教育 | main | 座禅と徒然(つれづれ)(1) >>
2020.05.05 Tuesday

至誠の人

JUGEMテーマ:

 

至誠の人

佐瀬霞山

 禅の修行の究極は、至誠の人となるための「行」であると思います。

 至誠とは、絶対の誠です。嘘に対する誠というような相対的な意味ではありません。真っ向唯誠の固まり!!という意味です。

 剣道で言えば面です。心と身体と刀が一つになって、真っ向面一本を打つ。これは中々大変なことで、容易ではありません。

 剣と禅の奥義を極められた無得庵小川刀耕先生が、70才頃に、「自分は、まだこの面一本が打てない。」と言われたことがありました。そのときは深く思いをいたしませんでしたが、いま顧みますと誠にぞっといたします。私たちを戒められたお言葉です。

 禅の修行は、何か特別な人になるのではなく、至誠の人となるための「行」なのです。それがすばらしいと思います。

霞山拝

 

コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM