老師通信

人間禅の老師による禅の境涯からの便りです。
人間禅のホームページにもお立ち寄りください。

人間禅のホームページはこちら 老師通信一覧はこちら

 

<< 「座禅の効用」その12「人の香りが醸し出される効果」 | main | 継続は力 >>
2015.09.19 Saturday

「座禅の効用」その13「禅の功徳は無限大」

JUGEMテーマ:

 

「座禅の効用」その13

丸川春潭

 「人間形成の禅」〜その効用と効果〜、と題してのブログを綴ってきましたが、最初に申し上げましたように、「禅は無功徳!」が第一義であります。しかしそれだけでは未だ禅に縁が無かった人、あるいは人間形成に志そうとしている人に対して不親切ではなかろうかと考え、第二義に下りて禅の効用について説きました。

 禅の第一義から云えば、要らざることをして眉毛が抜け落ちたのではないかとの危惧と同時に、逆に禅の効用効果は宏大で深く、とても説き尽くせるものではないということも、あらためて思い知った次第であります。

 

 法理的に云いますと、色即是空の空の切り口で見ますと、禅は無功徳と言い切ります。そして白隠禅師が仰るように「衆生本来仏なり」であり、功徳などと云うものは何も必要が無いというものです。これは真理です。

 

 しかし、色の切り口で見ますと、衆生(一般の大衆)はいろいろ悩み苦しみ、水の中にいて渇を叫んでいる状態が世間に満ちているのです。

 すなわち功徳を渇望しているのです。こういう事事無碍法界の社会の巷間においては、人間形成の禅の功徳は無限大に発揮できるということになります。

 

 ここに取り上げた禅の功徳は、ほんの一部の事例でしかありません。応病施薬という言葉通り、新しく発現してくる病も含めて、効能を発揮します。

 病と云うことではなく、もっとポジティブな良い物を更に深くより発展させることにも効果を発揮します。

 

 禅は学問ではありません。知ると云うことでは人間形成にはなりません。最初から最後まで行を伴う実践で三昧を身に付けるものです。

 したがって禅の無限大の効用効果(功徳)を聞き知っても、本人が自ら人間形成の禅を実践しなければ、何の効果も出てきません。

 

 自ら人間形成の禅を継続実践し、三昧が身に付き、人間形成の境涯が進んで初めて、禅の功徳が絶大なものであると云うことが本当に判り、実生活の中で禅の効用効果を遺憾なく発現できるものです。

 まさに「もし同床に伏せずんば、如何でか被底の穿たるることを知らん」であります。

 

 絵に描いた餅を眺めるだけでなく、また効能書きを読んで認識するだけでなく、如実に人間形成の禅を毎日実践して、ご自分で禅の効用効果を無限大に発現して頂くことを祈念して、拙話を終わりにします。

合掌

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode