老師通信

人間禅の老師による禅の境涯からの便りです。
人間禅のホームページにもお立ち寄りください。

人間禅のホームページはこちら 老師通信一覧はこちら

 

<< 座禅と徒然(つれづれ)(6)〜〜静座会・座禅会時のマナー・堂内役位の心得について〜〜 | main | 定年後の人生の模範 東海道一の大親分 清水次郎長と禅 第五章 >>
2020.08.04 Tuesday

定年後の人生の模範 東海道一の大親分 清水次郎長と禅 第四章

 

定年後の人生の模範 東海道一の大親分 清水次郎長と禅

笹良風操

第四章    明治維新の頃の次郎長
 清水の次郎長が480人の大軍団を率いて伊勢に入った頃日本国内は大変動、つまり明治維新が進行していました。
 1866年8月第2次征長の役つまり長州を討つ戦争をしますが高杉晋助、大村益次郎等の活躍で幕府軍は敗退します。そして年末に孝明天皇が崩御され、若い明治天皇が即位されます。
 1867年幕府は薩摩,長州に攻撃の名目を与えぬ爲大政奉還をいたします。これにより王政復古の大号令が発せられます。
 しかし徳川慶喜は新政治体制のなかで今でいう総理大臣の地位について政治の実権を握ろうとします。西郷等はそれは困る。幕府を打倒せねば外国の侵略は防げないと思いますが戦いの大義名分がありません。そこで西郷は江戸の薩摩藩邸に幕府が攻撃を仕掛けざるを得ないように仕向けます。つまり薩摩の侍に江戸市中で乱暴狼藉をさせたわけです。勝海舟はその薩摩の乱暴は謀略だから薩摩藩邸を攻撃してはならぬと止めますが血の気の多い連中が薩摩藩邸を襲い焼き討ちします。西郷は「シメタ」とばかりに幕府追討の軍を起こし、鳥羽伏見の戦いで幕府軍を破ります。戊辰戦争の始まりです。
 西郷率いる官軍は東海道、中山道を進撃し江戸総攻撃が始まらんとする時、徳川慶喜の命を受けて山岡鉄舟が官軍の中を通り抜け静岡で西郷隆盛と談判し、江戸城無血開城を決めます。
 江戸を火の海から救ったのは山岡鉄舟だったのです。

 1868年明治元年新政府が発足すると5月次郎長の所に総督府から出頭命令が届きました。差出人は総督府駿河町差配役判事伏谷又作衛門如水でありました。
 伏谷は浜松藩の家老でしたがその手腕を買われ総督府から駿河、遠州、三河の裁判所判事と東海道一帯の司法と行政を総括する差配役を仰せつかっていたのです。
 次郎長は喧嘩で随分人を殺しており、又ご禁制のばくちをしていた身ですから旧悪を咎められるのではないかと恐る恐る出頭します。
 伏谷曰く「大政奉還、政権交代とともに世情騒然として悪事、狼藉を働くものが多い。町人は日々不安な毎日を送っている。ついてはその方を登用して街道筋の府中から江尻、清水の港一帯の探索方を命ずる。」探索方とは警察代行業で実質警察の役目です。
 次郎長は驚き「あっしは無頼の渡世人です。探索などというお役目はとても務まりません。どうぞご勘弁ください。」
 「では今までのその方の行状を読み上げるぞ」と伏谷は次郎長の今迄の経歴を読み上げます。
 これには次郎長閉口したそうです。これはもう言われた通りしなくてはえらいことになると思います。
 伏谷は「以上の通りお前には数々の罪科がある。その方がこれから世の爲人の爲に力を尽くしてくれるのであればこれまでの数々の罪科は免除しよう。その上天下晴れて帯刀を許す名誉も与えよう、どうじゃ、引き受けてくれぬか?」
 こうまで言われては引き受けぬわけにはいきません。こうして今まで役人に追われ裏街道ばかりにいた次郎長が、天下晴れて東海道の治安の爲働くことになったのです。
 これも次郎長の人柄が並々ならぬものがあり清水近辺の町の評判が良かったことからこういうことになったのであります。

 

コメント
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode