老師通信

人間禅の老師による禅の境涯からの便りです。
人間禅のホームページにもお立ち寄りください。

人間禅のホームページはこちら 老師通信一覧はこちら

 

<< 古くて新しい「座禅」、易しそうで深い「座禅」(4) | main | 古くて新しい「座禅」、易しそうで深い「座禅」(6) >>
2013.10.14 Monday

古くて新しい「座禅」、易しそうで深い「座禅」(5)

JUGEMテーマ:

 

――古くて新しい「座禅」、易しそうで深い「座禅」―(5)―

丸川春潭

 名古屋市内の願王寺を拝借して、名古屋参禅会を開催しています。門前には、立派な木彫りの仁王像が向かい合って、二体突っ立っており、その前に1メートルくらいもある大きな草鞋が掛けております。

  仁王にも大き草鞋や秋日和(拙句)

 

 前回、「人間形成とは、三昧を身につけることである。」とお話しし、三昧についてお話しする約束になっておりました。

 

 三昧とは、インドの梵語のSamadhi を漢字に音写したもので、三摩地とも書かれ、正受と意訳されている。

 三昧は、精神を集中して余念がないこと、一心不乱に物事をすることでありますが、精神集中が、方向性を示して動的なニュアンスを持っているのに対して、三昧は、精神集中した「こころの状態」を指しており、禅門では深い意味があります。そして、三昧に三つの意味があるとされています。

 

 その一つを今日は、ご説明しましょう。最初の三昧は、「正念の相続一貫」の三昧であります。これは、読書三昧というように使われている意味で、最も一般的な使われ方であります。

 

 禅門では、坐禅をして「数息観」をやりますが、「数息三昧」というように使われ、背筋を伸ばして坐禅を組み、静かに自分の息を一から百まで数える。その息を数えるという念慮以外には何も考えないで、息を数えることに三昧になることを修するのです。

 

 これは、興味のある本に引き込まれるように、一心不乱に読書三昧に成ることに比べ非常に難しいものがあります。それは、「考える葦」である人間が、意味のない「息を数える」ということ以外の念慮を、自分の意志により一次棚上げにして、それを継続するという、ある意味で無理(非自然)なことをするためであります。

 

 しかし、この非自然さを克復して身に付く、集中力・三昧力こそが、人間形成そのものであり、人間力の涵養につながるものであります。

 

 小学生から、体操とか持久走とかを体育として実修し、丈夫な体をつくるということをやっています。これと同じように、しっかりした心をつくるためにも実修が必要であり、それに最も適したものが、この「数息観」であり、「数息三昧」の実修であります。

 

 数息観における数息三昧は、息を数えようとする一念だけが生き生きと働き、それが切れ目なく一貫相続することです。これを正念の不断相続といい、精神状態として最も充実した状態といえます。

 

 この正念の不断相続の集中力が付くということは、社会的な活動において、極めて大きな力となります。すなわち、例えば、職場での仕事の成果は、この正念の不断相続の集中力にきわめて良く比例するということが出来ます。実社会での個人の仕事能力の差は、知能指数の差ではなく、この集中力の差であると云っても過言ではありません。何故なら、その人その人の持ち味、個性の十分なる発現には、この正念の不断相続の集中力なくしてはあり得ません。

 

 大学受験までの学校教育における偏差値にたいしても、知能指数が影響しないとはもうしませんが、勉強に向かう集中力の差の方が格段に大きいと考えております。生まれつきの性格において、一つの物事に打ち込む気質か、いろんなことに興味を発展させる気質かの違いがあり、集中力にも素質として違いがあります。しかし、これも体力と同じように教育し、訓練することによって、持って生まれた素質の違いを越えるものを身につけることは十分可能なものです。

 

 学校教育において、集中力を付けるという体力と並ぶ心の教育の座標軸が、明確に位置づけられていないために、単に知識の習得という結果だけが強調されている嫌いがあります。本来は逆であって、国語、理科、社会の教科を手段として、その勉強のプロセスが集中力をつける教育課程であると位置づけるべきと考えます。

 

 三つの意味を持つ三昧の中で、この最初の正念相続が、全体の基盤となる位置づけの三昧であります。三昧の最初であり、最後であるわけであります。いいかえますと、禅門での最初の修すべき入門の行であるとともに、法の淵源を極め仏祖の境涯に達するための達道の行でもあります。

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode