老師通信

人間禅の老師による禅の境涯からの便りです。
人間禅のホームページにもお立ち寄りください。

人間禅のホームページはこちら 老師通信一覧はこちら

 

<< 古くて新しい「座禅」、易しそうで深い「座禅」(19) | main | 人間禅の使命 >>
2013.12.25 Wednesday

古くて新しい「座禅」、易しそうで深い「座禅」(20)

JUGEMテーマ:

 

――古くて新しい「座禅」、易しそうで深い「座禅」―(20)―

丸川春潭

 最近の脳科学の進歩によって、座禅時の脳の状況が明らかになり、古来から経験的に云われ、伝承されてきた座禅による悟りの境地が、いろいろな角度から科学的に照らし出される事態になっております。まさに驚きでありますし、同時に先人の座禅に関する経験が間違いないものとして証明されてきているとも言えるのであります。

 小生のこれに関する知識は、一つは人間禅の名誉会員である京都大学医学部名誉教授本庄慈眼先生からの情報と、もう一つは昨年3月に開催された択木禅フロンティアでの東邦大学医学部有田秀穂教授の講演に依るものであります。

 本庄慈眼先生からは、アメリカの脳科学関係の雑誌の論文を紹介して頂きました。それは、チベットの修業僧数人を使って深い瞑想状態にある時の脳機能を調べた報告であり、先生は「お釈迦様の脳」の中で概略次のように述べられています。

 「瞑想の脳機能画像の結果は驚くべきものである。僧侶が瞑想に入ると頭頂連合野がサイレントになり、入れ替わっておでこのところの前頭前野が活性になるという結果である。前頭葉は脳の中の脳といわれるように意志や行動決定の中心であり、いわば大会社の社長室あるいは国家の内閣総理府といった中枢である。頭頂葉は五感の入力を統合して絶えずその解釈をしている場所であり、本来ひと時も活動を止めてはいけない場所なのである。この連合野が働かないということは、物は見えるがその意味はわからない、音は聞こえるが言葉としての理解は出来ない状態といえる。視覚、聴覚あるいは触覚などの入力が処理されないままに通り過ぎてゆくことを示している。さらには自己の空間内での位置感覚がなくなり、自己と外界との境界の消失ないしは融合は宇宙との一体化をもたらすことになる。また、言語を介した理性的な思考法がなくならなければ真の瞑想の境地に至れないことの教えであろう。」

 

コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode