老師通信

人間禅の老師による禅の境涯からの便りです。
人間禅のホームページにもお立ち寄りください。

人間禅のホームページはこちら 老師通信一覧はこちら

 

<< 人生100年時代と人間形成 ――老人の社会貢献―― | main | 数息観についての最近の思い(その2) >>
2019.02.01 Friday

数息観についての最近の思い(その1)

JUGEMテーマ:

 

数息観についての最近の思い(その1)

数息観評点によるマンネリ打破

丸川春潭

 座禅における数息観法は臨済宗が主として採用している三昧を深める方法(ソフト)であり、座禅を始める人にとってもまた人間形成の禅の究極を究めるためにも極めて有効なソフトです。

 耕雲庵老師を始めとし歴代の師家方が円了茶礼の垂示で、異口同音に一日一炷香の数息観座禅をするようにと説かれておられます。まことにその通りでありその数息観座禅を365日、一日に30分なり45分実行することは必須ですが、そこまでの言及にほとんどの場合止まってきました。すなわち一日一炷香の実践の中身すなわち数息観三昧の質についての言及はほとんどなく、わずかに磨甎庵老師が一日一炷香に精彩をつけよ!と云われたことが一,二度あったくらいで、その質については基本的に本人個人に委ねられてきました。そのため小生もそうでしたが、長年修行をしているものは一日一炷香の座禅が実践はされるがマンネリになってレベルの向上がなされないのが実態ではなかったかと思います。

 すなわち座禅の数息観の実践はあくまで個人の内面に向かっての修練「行」であり、その三昧のレベルについては外からうかがい知ることはできませんし、自分でも座ったかどうかとか何分坐ったかくらいで日進月歩の一日一炷香にはほど遠いのが実態ではなかったかと思います。

 そこで考えついたのが数息観の評点付けですが、これはNHKの「ためしてガッテン」という番組で肥満抑制のために体重を朝晩計測し記録を見えるところに張るというやり方です。これだけで何も食べないように節制したり我慢したりすることなく自然に着実に健康な体重が維持できるという放映が切っ掛けでした。

 ただ三昧というものは体重のようなデジタルな数値とは真逆のアナログなジャンルのことで、三昧のレベルを評点するなどという発想は非常識であり、歴史上も初めてのことでしょう。

 主観評価ですから他人と比較するべきものではないのですが、自分だけの評点としては相対評価が可能です。すなわち日進月歩が自分流の評点基準で可能になりマンネリを脱却し人間形成のツールとして大変有効に使えることが、自分でやってみての驚きであり想定以上でした。しかもやり出した当初は、一ヶ月ごとに評点基準をより厳しく設定し直してやるくらい三昧の評点(質)が向上しました。それまでの40年の座禅修練が無駄ではなかったとも思えたし、毎日の数息観座禅を挑戦的に取り組めるようになったのは有り難いことでした。まったく、ためしてガッテンに感謝です。詳細なやり方は昨年刊行した2冊の拙著の巻末にも集約して掲示していますので参考にして頂ければ良いと思います。是非一日一炷香を、数息観の評点付けをすることによって、人間形成の力にしてください。合掌

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode